カテゴリ

カテゴリ:映画

ゲーム・オブ・スローンズにカメオ出演したミュージシャン

カテゴリ:

GAME OF THRONES(ゲーム・オブ・スローンズ)

ジョージR.R.マーティン著のファンタジー小説『氷と炎の歌』を原作にした、2011年から米国の放送局HBOで放送中の人気テレビドラマシリーズ。

ざっくりしたあらすじは、架空の王国を舞台に鉄の王座を奪い合い、7王国を動かすものに過酷な運命が待ち受ける物語です。壮大なスケールでテレビドラマの枠を遥かに超えたこのドラマは世界中を魅了し第67回エミー賞ドラマシリーズ部門では「作品賞」ほか12部門受賞。

世界観がなんというかめちゃくちゃドゥームメタルっぽいんですよね。内容、絵面もダークな雰囲気が多く、またエロ・グロ描写も結構過激。7王国をめぐる深い人間模様やドラゴンなどのファンタジー的要素(このバランスも絶妙)、個人的に過去観たTVドラマの最高峰。予算も相当かけており、圧巻の映画並みなクオリティ。


世界の有名ミュージシャンにもゲーム・オブ・スローンズのファンは多く、ちょいちょいカメオ出演しています。ちなみに映画で流れる挿入歌のチョイスもセンスがよい。洋楽ロックファン必見。待望のシーズン6が4月に日本でも放送され、シーズン7が2017年なのでここでおさらいしてみます。

Mastodonのメンバーとジョン・スノウ

Hard home #behindthescenes #gameofthrones #hbo

InstaThronesさん(@gameofthronesnotofficial)が投稿した写真 -




ウィルコ・ジョンソン(Dr.Feelgood)

UKパンク/パブロックバンド、ドクター・フィールグッドのレジェンド、マシンガンギターのウィルコ・ジョンソンがシーズン1-2:イーリン・ペイン役(口の訊けない首切り役)で出演。いつもおっかない顔してます。がんで余命半年となってましたが、見事克服。




コールドプレイ(Will Champion)

世界的ロックバンド、コールドプレイのドラマー、ウィル・チャンピオンがカメオ出演。シーズン3第9話「キャスタミアの雨」:結婚式で宴が始まり、太鼓を演奏する人。




シガー・ロス

なんとポストロックのシガー・ロスが登場。かなり重要な回。シーズン4第2話「粛清」:結婚式で"The Rains of Castamer"を演奏。ちょっとマヌケなシーンで爆笑しちゃいました。曲も最高。




マストドン(MASTODON)

シーズン5第8話「ハードホーム」:死んだ野人達がホワイトウォーカー化し立ち上がるシーンで登場。ボンヤリと映っています。ミックステープシリーズ『Catch the Thrones:mixtape Vol.2』にも"White Walker"が挿入されてます。名曲。




スノーパトロール(Gary Lightbody)

おお、懐かしいとちょっとおもっちゃいましたが、グラスゴーのロックバンドSNOW PATROLも出演。シーズン3第3話「処罰の道」:ボルトンの部下で吟遊詩人を演じ"The Bear and the maiden Fair"を歌う。




オブ・モンスターズ・アンド・メン(Of Monsters and Men)

アイルランドのフォーク・ロック・バンド、オブ・モンスターズ・アンド・メンも出演。シーズン6第6話「扉」:野外演芸場で演奏してます。





シーズン3エピソード3のエンディング曲が最高なタイミングで流れます。
ザ・ホールド・ステディ"The Bear and the Maiden Fair"




個人的に中世ヨーロッパの世界観がやや苦手だったのですが、のめり込んでハマってしまいました。映画レベルのスケール、脚本完成度の高さ、最高のキャスト。 悪役の影技力には本気で憎たらしくなります(笑)

一周見ただけでは登場人物名や家系図、主従関係などが複雑でちょっと脱落しそうになりますが、どうでもよいシーンが後々重要だったり、かなり綿密に作られており再度観ての発見もめちゃくちゃ多いです。ですので2回以上見ることをおすすめします。そんぐらいオススメ!





ツイン・ピークスに影響を受けたアーティストの曲まとめ

カテゴリ:
超人気、米サバイバル・ドラマ「ウォーキング・デッド」にハマりまして、 先日シーズン4が終わってしまい、シーズン5は来年までおあずけ。。。 キャストがいいですね。イケ面ノーマン・リーダスには最終回まで生き延びていただきたい! これだけ欠かさず見てるのは 「ツイン・ピークス」以来です。

ツイン・ピークスについては、新シリーズが2017年に放送が決定。オリジナルキャストも多数出演が決定しており、楽しみですね! 

ツイン・ピークスはサントラも素晴らしく良かったんですよね。 ヘッドフォンで爆音ノイズ聴きながら撮影する、デビッド・リンチ監督ですから。 カイル・マクラクラン(クーパー捜査官)元気かな~?

※2016/9/28 以下記事修正&内容追加

ツイン・ピークスに強い影響を受けたと感じさせるミュージシャンの動画をピックアップ。

【TWIN PEAKS ツイン・ピークス】

奇才デヴィッド・リンチ監督の1990年にアメリカで放送された伝説のカルトTVドラマ。田舎町”ツイン・ピークス”で発見されるローラ・パーマーの死体から巻き起こるミステリー・ドラマ。

ツイン・ピークス新シリーズ予告



当時日本の民放でも放送され、口コミにより人気が広がった。のちに主演のカイル・マクラクランは缶コーヒーCMに登場するなど国内でも話題となった作品。(ちなみに、三上博史、小泉今日子が出演した92年放送ドラマ『あなただけ見えない』 なんかはツインピークスの影響をかなり受けた作品だった気がします)


25年後のお話が2017年に新シリーズとして復活。オリジナル・キャストに加え、新キャストとしてモニカ・ベルッチ、ナオミ・ワッツ、ローラ・ダーンなどが決定。さらにトレント・レズナー(ナイン・インチ・ネイルズ)、スカイ・フェレイラ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)等のミュージシャンも出演するそうです。

ツインピークスに影響を受けたと思われるアーティスト達の楽曲

Beach House "WISHES"


米ドリーム・ポップバンドBEACH HOUSE。2012リリース作『Bloom』収録曲”WISHES”のPV。最重要人物、ローラ・パーマーのお父さんレイ・ワイズ(リーランド・パーマー)が出演。やっぱ怖い!しかし美しく感動的な映像。メイキング映像もありましたが、早回し撮影をスロー再生しているようです。 


Fantomas "fire walk with me"


FNMのマイク・パットン、MELVINSのバズ、元スレイヤーのデイヴ・ロンバート、伝説的ドラマー、テリー・ボジオ等の米アンダーグラウンドロック界のミュージシャンにより編成されたスーパーバンドFANTOMASによる"FIRE WALK WITH ME"テーマのカバー。


Anthrax "Black Lodge"

 
米スラッシュメタル重鎮アンスラックス。ツイン・ピークスのストーリー上重要な場所「ブラック・ロッジ」をタイトルにした曲。当時メンバーのスコット・イアンが偉くハマっていたようです。Voがジョン・プッシュ期の名曲。


Xiu Xiu "Falling (Twin Peaks Theme)"


カリフォルニアのベテラン、エクスペリメンタルバンドXIU XIU。2016年にツイン・ピークス収録曲をカバーした作品「XIU XIU PLAYS THE MUSIC OF TWIN PEAKS」をリリース。



過去TVシリーズをコンパイルした、おさらい用に最適な廉価版DVDBOXが発売されるようです。
しかし気がついたらDVDってかなり安くなりましたね~。

ツイン・ピークス ゴールド・ボックス アンコール [DVD]
カイル・マクラクラン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-11-18


Such Hawks Such Hounds(DVD)

カテゴリ:



DOOM/STONERファン必見ドキュメンタリー映画 『Such Hawks Such Hounds』(DVD)
を購入。2回見ました。

出演者一部:
Wino(SAINT VITUS),Scott Reeder(KYUSS),Matt Pike(SLEEP,HIGH ON FIRE),
Greg&Stephen(SUNN O)))),Chris&Al(SLEEP,OM),Brant Bjork(KYUSS,FU MANCHU),
Joe Preston(EARTH,MELVINS,HIGH ON FIRE,THRONES)
and more..............


なんつったってー、我の神と言ってもいい、ジョー・プレストンが結構出演していて、
満足ですよ!特典映像で「ジョー・プレストンが語るMELVINS」は個人的にニヤニヤでした。

主に、WinoとMatt Pikeの登場が多めかなと思いますが、OMも結構出てましたね。
好きな人たちの裏話など語りがたっぷりです。

興味ある、ジャケットやポスターなどのアートワークなどにも触れていました。

「金がなくてバイトしてる」という話が出てきますが、
ヒット・チャート上位なんかに入らないアンダーグラウンドの人達は、
ジャンル問わず(POPな人達も)同じで、好きなことをやり続けるために同じような生活してると思う。


正直、メルヴィンズとかもっと出演して欲しい人達がいたけど、色々あるのだろうな。

「クソ極上なリフ」という言葉が、印象に残りました。
自分のツボにはまったCOOLなリフだったら、何度繰り返しても、何十分やっても聴いてられるよなと。
「クソ極上なメロディ」も同様に高揚しますが。


まだ、ご覧になって無い方は是非是非ご覧あれ))))))))))))))))))))))))))))




『GRAN TORINO』を観るべし!

カテゴリ:
先日、「グラン・トリノ」と今頃「スラムドッグ・ミリオネア」をレンタルで観ました。両者とも評判通りでレコメンド。

Slumdog Millionaireはダニー・ボイル監督だけに、インド版Trainspottingって感じがした。兄弟の愛と生きるための生き様を見ろ!音楽もグッド。
インド映画をリスペクトして皆で踊るエンディングがナイスでした。
個人的に、ロンドンにいた頃インド系の移民が多かったなーとか、ADFとか聴いてたなーとかなんか昔を思い出し、ロンドンに行きたくなった。
まちゃーき風に「星★★でっすっ!」

そして、グラン・トリノは人生上手くいってない折れ欠けている男性に特に観て頂きたい。「星★★★でっすっ!」
頑固おやじの生き様を見るがいい。こんなにいい映画久々に観た。
終始号泣。

おやじの生き様だけでなく文化の違いとか、違う中で生きていくやり方とか、結構深い内容なんで。
セリフが少ない静寂な映画が好きなんですが(リンチとかジャームッシュ)、これは少なめなのに説得力のある作品ですね。
あと、クリント・イーストウッドがエンディング曲をトム・ウェイツ風に唄っていたのが、また泣けてくる、、、(最初、トム・ウェイツかと思ったけどよくよく聞いていたら本人だった)

そんな感じで、外は突然大雪降り始めちゃった影響(?)で音楽も轟音からスローコア辺りに戻りまして、90年代聴いていたRed House Painters~sun kil moonなど静寂なものを聴き直す。

メンバーMark Kozelekは映画「あの頃ペニー・レインと」にバンドマン役で出演していたらしい。映画とイメージソングの"byrd joel"という曲が好きでした。

Markが主催するCaldo Verde recordsからは昨年JESU”Opiate Sun”がリリースされてます(すばらしい内容)とてもレーベルにマッチしておりますね。

今年は、sun kil moonみたいな渋めなバンドもどんどん来て欲しいと願います。

Red House Painters/All Mixed Up



で、動画も色々見ていたらOMやGrailsも良いが、オレゴンのHOLY SONS(Emil Amos)が渋いことを再確認。こんなバンドやりたいなーと思わされる。

HOLY SONS/Things you do while waiting for the apocalypse


当店については、新アイテムぞくぞく入荷予定だったのですが、、、
Xmas辺りから購入先の動きが超スローになり、入荷が遅れています。
2月中に少しずつUPできそうなのでご期待ください!
http://osomalo.com/

このページのトップヘ

見出し画像
×