アーカイブ

2009年10月

カテゴリ:
30年間夢を諦めなかった男たちの映画、『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』をもう観たでしょうか。
私はまだですが、確実にティッシュ必須。(泣くから)吉祥寺の映画館で見たいと思います。

今回のTV Brosも「METAL大特集」です。安いので是非買ってみてくださいね。(表紙:JUDAS PRIEST)

話変わりますが、もうあっと言う間に年末年始が迫っています。来月の入荷や年末に向けて、できる限りお客様に喜んでもらえるよう色々企画考えておりますのでご期待ください。

Pelican/What We All Come to Need
4作目のアルバム出ました。
とても美しいへヴィネス・インスト。ヴォーカル入りの曲もあり。
ゲスト:Greg Anderson(SUNN O))))とAaron Turner(ISIS)
myspaceでも聴けるので是非試聴!


Fleet Foxes、Modest mouseのグッズ入荷

カテゴリ:
フリート・フォクシーズ、モデスト・マウスの商品入荷しました。

FLEET FOXESは仕入先でも売切れやサイズが欠けてきてるので、
大ファンの方はお早めに!
MODEST MOUSEもTシャツは新し目のデザインです。
トートバッグはサイズもたっぷりで可愛いのでお勧め。

2009年大注目株、SUB POP発シアトルのロック・バンド、"Fleet Foxes"。
Robin Pecknold(Vo.)を中心に元Pedro the Lion~Crystal SkullsのChristian Wargo、J.Tillmanらを加えた5人組として活動している。
バンジョー、マンドリン、フルート等様々な楽器を使い、美コーラスで壮大なサウンドを展開。70'sアメリカン・ロックやフォーク、ゴスペル等を融合・深化させ、今とても新鮮に聴こえます。(ロビン超タイプ!)
多分、La'sが好きな方は好みじゃないでしょうか。

私は20代の頃からシアトルのインディー・シーンが好きで、何度もシアトルに行きライヴ廻りをしました。
シアトルは、アコースティック・ギターを持った渡り鳥的な人々が集まり、
そういう人たちが気軽に演奏を披露できるライブハウスが幾つもあり、コーヒーの匂い漂う、地味だけど素敵な街です。
言葉に表し難いけど、NIRVANAやDEATH CAB FOR CUTIE、そしてFLEET FOXESのような良質バンドが出てくる土壌があると思う。







カテゴリ:
Lightning Bolt/Earthly Delights

もうGETした方も沢山いると思いますが、今回のアルバムの感想はどうでしょうか?

一曲目好きです。全体通すと今迄の実験的なオッパっピーな展開のメロが少なくロック色が強くなったような。でもグイグイきてあっと言う間にフィニッシュでした。ボーカルの入れ方もEYEさん風でそれも良し。この新作も買いですね。

そして、LIVEも近づいてきました。
Guitar Wolfあふりらんぽの日は、即売り切れ状態みたいですね。
Hair Stylistics、Struggle For Prideとか観たかったけど、11/15のチケットを昨日購入!Incapacitants初体験なので楽しみです。
今度こそ!

※当店は、10月分の新入荷なるべく早くUP予定ですので、もうしばらくお待ちください。


カテゴリ:
台風接近で長雨が続きですね。おまけに、寒くなってきて衣替えの季節。

明日は、「bonfire vol.2」@FEVERのイベントがある。
Soft Circleなどドラム音好きにはたまらない一夜でしょう。
zach hill(hella)も出演と聞いていたが、キャンセルになったようですね。
http://dumbwithyou.blogspot.com/2009/10/bonfire-vol2-drum-drum-drum.html

あと、我が青春、eastern youthの吉野氏が先日倒れたそうですが、何とか大丈夫なようでほっとしております。
「坂本商店」時代の曲は今でもたまに聴きたくなり力を貰います。季節の変わり目や、35歳過ぎると病気が出やすいらしいんで日々体調管理には気をつけたいです。
http://hadashino-ongakusha.jp/


このページのトップヘ

見出し画像
×